【嘘をつかないブラフゲー】動物は正直だぜ! アニマルマインド

アニマルマインド

2015年「グループSNE ボード/カードゲームコンテスト」選外佳作『アニマルマインド』

プレイヤーは動物商人(動物を扱うのではなく商人が動物)となり商品を取引してお金を稼いでいく。

扱う商品は「ミルク」「毛皮」「卵」「ペット」の4種類。動物が扱う商品としてはかなりシュール。

ペットとなるともはや家〇人ヤプー状態だ(意味不明)


プレイヤーは山札からカードを引き、自分以外の誰かを指名して「カードの種類」か「数字」だけを宣言して取引する。この時、嘘をついてはいけない。あくまで正直に宣言するのだ。だって動物だから(意味不明)

運悪く(?)指名されたプレイヤーはそのカードを「受け取る」か「拒否」が書かれた手元の選択カードで行動を選択してそれに該当するカードを裏返す。

つまりずっと拒否し続けたり受け取り続けたりすることはできない。拒否された場合、取引を持ち掛けた(山札をめくった)プレイヤーが受け取ることになる。


拒否できない状態になると受け取りたくないカードを受け取るハメに。逆に相手が拒否しかできないことを見越して自分のモノにしたり相手の足元を見まくりである。

というか拒否できない取引てもはや取引でもなんでもないやろが!!(笑)


山札から決算カードが出たら点数を計算。3回目の決算でゲーム終了。一番勝利点(お金)を持っていたプレイヤーが見事勝利となる。


独特過ぎる計算方法


このゲームのミソは二つある。一つは独特な点数の計算方法。

受け取ったカードは種類ごとにもらった順番に重ねていく。ここで大事なのが一番上の数字。カードの種類ごとに「枚数×一番上のカードの数字」が得点となる。単純に枚数が多ければいいわけだからとにかく受け取ればいいと思いきやここに落とし穴があるのだ。

1とかならまだよく、0が上にきたらその種類の得点は0点。あと1ターン早く決算が来れば高得点だったなんてことはアニマルマインドあるあるである。

言いにくいのでもう一度。アニマルアインドあるあるである!


カードは3種類まで


もう一つのミソは3種類までしかカードを取ることができないこと。

万が一、4種類目のカードを取ったら最も多く持っているカード(商品)を捨てなければならないのである。なぜそんなもったいないことを!と思うがそれがルールだから仕方ない。

こうなるともはやジレンマだらけ。4種類目は取りたくないし0のカードも取りたくない。でも受け取らないと拒否カードばかりになって強制0カード受け取りとかえげつないことになることは目に見えている。

というかみんなそれを狙っているのだからな(笑)


意外にガチゲー。初見さんには要注意


動物のイラストが可愛らしくとても和やかな雰囲気に・・・なんてならない。

プレイヤー間で1対1のガチ交渉が行われかなりバチバチなゲームである。相手に宣言する情報も断片的なので読み合いも激しいし受け取るか拒否するかを見越すことも重要。

「0」の数字なんて渡すときに素直に「0です」なんて言うやつはいないし(笑)

さすがに初見のプレイヤー同士では少しやりにくいが、お互いの性格を知り尽くしているとかなり面白い。ブラフゲー的な感じだが嘘を言わなくていいので、ブラフはちょっと苦手という人にもオススメなゲームである。

間違ってもカワイイ動物目当てに遊ばないように(ホンマやで)


こんな人にオススメ
□ブラフゲーは好きだけど嘘を付くのは苦手
□動物が好き
□お金儲けが大好き

こんな人はやめときなはれ
□嘘を付いて騙す方が好き
□毛皮の取引に反対している(動物愛護)
□動物が嫌い


タイトル:アニマルマインド
メーカー:コザイク(cosaic)
製造年:2016
2~4人用

アニマルマインド -
アニマルマインド -

この記事へのコメント

人気記事