【目指せ黄金郷】デッキ構築でレースゲーム エルドラド

20171021231639528.jpg

ドイツ年間ゲーム大賞2017にノミネートされた『エルドラド』

伝説のエルドラドに誰よりも早く到達することが目的のレースゲームである。この時点ですでにおもしろい。ワクワクするではないか。だって冒険と黄金はインカの黄金以来・・・いやもっと前から鉄板なんだ。

黄金は鉄板よりも硬いのだ(意味不明)


面白いのはドミニオンを祖とするデッキ構築型になっていること。レースゲームでは珍しいというかドイツゲームでデッキ構築は珍しい。作ったのはあのライナー・クニツィア。

あれっ?クニツィアってドミニオンが嫌・・・いや、デッキ構築は作らないんじゃなかったんかいな!

ドミニオンブームから数年。数多くのドミニオンクローンが発売されたが満を持して発売されたのがエルドラド。後発だけあってかなり面白いというかドミニオンの決定版的なスゴさがある。

作らないとか言ったくせに頭の中ではちゃっかり構想を練ってたんやな、クニツィアさんよ。

さすが天才である。


ドミニオンでレースゲーム


基本的な遊び方はドミニオンと同じ。カードをプレイするかお金でカードを集めるか。デッキ構築などの流れも大体同じである。

ポイントはレースゲームであること。地形に対応するカードを出すことによって前に進むことができる。森や水などプレイヤーの前に立ち塞がる。プレイヤーが前に立ち塞がることもありこうなると迂回しないと前に進めない。場合によっては全く前に進めないことも。

アヴェカエサルの悲劇ここに再現!

20171021231656571.jpg


ナタを振り回したりオールで必死に漕いだりして進むのはもちろん、手札を補充するカードや使い捨てだが強力なカードもあり戦術は無限大。だが難しい効果のカードは無いので直感的にわかりやすいのが素晴らしい。

しかもしかも!このゲーム最大のミソがタイルの並べ方を変えるだけでレース展開が毎回変わるので何度でも楽しめるのだ。商業主義的に言えば拡張タイルを出せばいいところをさすが天才クニツィア。

もうこれ以上、印税はいらんのだな!!(そんなことは言っていない)


初心者にもオススメ


エルドラドが大賞にノミネートされて以降、総統が「エルドラドしたい」とうるさい。

完全エルドラドじじいになってしまったようだ。早速どこから入手してAEGゲーム会でも遊ばれる。遊んでみるとデッキ構築に不慣れなプレイヤーでも比較的導入は簡単で理解しやすい。カードの効果がシンプルだしレースだから視覚的にどういう状況だとか誰が勝っているのか分かりやすいからだと思う。

先行逃げ切り作戦を取る者もいればデッキ強化優先作戦を取る者も。でも先に行かれると自然と焦ってしまう。それが人間である。

今のところ先行逃げ切り作戦の方が強いような気がするが、それも検証する意味も含めて何度でも遊びたくなるのが魅力。それほどプレイ時間は長くないし長考も起こりにくくサクサク進むので気分がいい。デッキ構築なので捨て札を組み直す手間はあるけどな。

なんか他のデッキ構築も遊びたくなってくる。ドミニオンはもちろんサンダーストーンやハトクラなど。たんとくおーれは未だに遊んだことがないな。


とにかく2017年を代表するゲームであることは間違いない。

グレート・ウェスタン・トレイルも捨てがたいけど・・・あれ?グレート・ウェスタン・トレイルもデッキ構築やんけ!!


※余談


総統のエルドラド不敗伝説が存在したが、それを打ち破ったのがデッキ構築ゲー初体験だった管理人の嫁であったことはまた別の話。


こんな人にオススメ
□黄金や冒険が大好き
□クニツィア先生がデッキ構築だと!
□何回でも遊べるゲームを探している

こんな人はやめときなはれ
□デッキ構築はドミニオンに限る
□レースゲームはちょっと・・・
□俺はグレート・ウェスタン・トレイル派やねん!!


タイトル:エルドラド
メーカー:ラベンスバーガー
製造年:2017
2~4人用
ドイツ年間ゲーム大賞2017年ノミネート


エルドラド -
エルドラド -


この記事へのコメント

人気記事