【初参加】第二のゲムマ・東京ボードゲームコレクションに行ってきた

テーブルゲームの思い出の地に参戦


2017年8月13日。

第二のゲムマとも言うべき「東京ボードゲームコレクション」が開催された。最近はゲムマ以外にもある程度のボドゲイベントがちらほら開催されるようになったので、どれに行くか悩ましい。一週間前には名古屋でファミリーゲームフェスティバルが開催されていたし、しっちゃかめっちゃかである。

今後どのイベントが第二のゲムマになるか楽しみだ。


今回はたまたま東京旅行と重なったのでおあつらえ向きということで参加。無理矢理スケジュールにぶち込むが、その分嫁の機嫌取りが大変であった(汗)

産業貿易センター"


会場は東京都立産業貿易センター台東館。かつてのテーブルゲームフェスティバルの開催地で、AEG創設当初に管理人単独で参加した思い出の地でもある。

あの時はボードゲームのことなど何も分からず手探りでゲームを買った苦い記憶が。今より幾分か若かったわけだが、若さゆえの過ちというものであろう(言いたいだけ)

今思えば現在の同人ゲームのレベルには程遠いものばかりでクソゲー・・・いや進化の過程にあるものばかりだった。

ああ、懐かしいなぁ(玄人ぶってみる)

いわばAEGの原点的な場所なわけだが、初心に戻って参加させていただくことにした。


会場に到着そして入場


東京ボードゲームコレクション


それはともかくホテルから徒歩圏内なので頑張って歩く。9時には会場に着いたがすでに50人ほど並んでいた。階段添いに並んでいくが、これは待っているだけでも辛い。

しかも前に並んでいる人がじっとしていないタイプの人で、定期的に謎のヒップアタック(前後運動)をしてくるので正直かなり鬱陶しかった(笑)

場所が階段というせいもあり、話声がかなり反響してうるさく感じたがこれもマナーの問題。次回への課題かもしれない。


入場券はカタログ込みのスタイル。ゲムマと同じで事前販売されていたが、事前に入手していなかったのでその場で購入。待機列まで売りに来てくれたのが非常にありがたい。

欲を言えば一人1,500円、高くありゃしまへんか???(嫁が入場料高いと、遠回しにお前が入場を払えという圧力がかかり屈するハメに笑)


推理ゲーム研究会・眠らぬ金山


あっという間に会場の10時になり拍手が起きる。そしてそのまま入場。待っている間かなり緊張したが販売する方はもっと緊張するだろうな。ゲムマより緊張感があったが、これくらいの中規模のイベントの方が個人的には好きかもしれない。

東京ボードゲームコレクション


思ったよりも参加者は少ないようでダッシュしないと買えない雰囲気ではなかったのでゆっくりと入場。おそらくファビュラスな姉妹が参加しなかったせいであろう(たぶん違う)

数分で売り切れたゲームもあったようだが、ノーマークだったのでよしとしよう。


まず推理ゲーム研究会さんの「眠らぬ金山」をゲットしにいく。金山のごとくゲームが積まれていてまだ誰も買っていなかった様子。面白そうだったので事前に買おうと思っていたので早速買わせていただき少しビックリされたが、とてもフレンドリーで感じのいい方達であった。


戦闘破壊学園ダンゲロス


次は「戦闘破壊学園ダンゲロス」の拡張を買いに行く。そもそも本体を持っていないがとりあえずゲットだ。ブースでは他のサークルとコラボした拡張カードを無料で(!)配布していたのでいただいた。

一枚一枚スタッフさんが丁寧に仕分けいて「仕分けるのと売れるのとどっちが早いかな?」的なジョークを飛ばしていた。何枚くらい用意したのか?聞いてみると常識範囲内で持っていく分には十分とのこと。たしかにそやね。

拡張だけ買うのは忍びないので本体も購入。単に他にプロモカードが付くことに釣られただけだけど(笑)

この後、都内を歩き回ったがダンゲロスの箱がデカいのでなかなか難儀した。破壊されたのは管理人の肩である(うまいこと言ってみる)


ここでのお支払いが結構な額だったが、隣にいた嫁があまりいい顔をしない。やばいぞ、ボードゲームヘイト値が上がってきたぞ(笑)


サザンクロスゲームズ


このままではヤバいので「自分の分だけじゃない。頼まれ物も仕方なく買っているアピール作戦」に出る。目的はサザンクロスゲームズさん。エイジ・オブシリーズでおなじみのサークルさんである。

総統がこのシリーズを相当気にいっているようで「エイジ・オブ・リバイブを買ってこい」との指令が下っていた。

正直めんどくさかったが、定価3万円越えの超大作「クトゥルフウォーズ」を買ってくれそうな雰囲気を醸し出しはじめたので(まるで加齢臭が出てきたみたいな言い方だが)機嫌取りも兼ねてである。

背に腹は代えられないのだ!

おかげで嫁に対するカモフラ―ジュにもなったが。


いざブースまで行くとエイジ・オブシリーズだらけ。どれがどれだか分からなくなったので情報を確認。間違いなくリバイブだったので購入。お値段は3,000円となかなかだが、おかげで財布へのダメージも大きく資金枯渇へ大きく前進。これは痛い話だが仕方あるまい。

細かい話だが、管理人がお世話になったブースで買ったゲームを袋に入れて渡してくれたのはサザンクロスゲームズさんだけであった。イベントの特性上もあるので他のブースが悪いとは言わないが、こういったちょっとした気遣いはすごく嬉しい。


この時点で待機していたお客さんはすべて入場していたはずだが、まだまだ会場内は余裕がある様子。内心少し焦り気味だったが少し落ち着いて見て回ることにする。単に資金の枯渇が迫ってきたから現実的な選択を迫られていただけかもしれない(笑)

とりあえず電撃購入は控えてゲーム説明だけを聞く作戦。サークルさんにはいい迷惑だが、一生懸命自分が作ったゲームを説明してくれるところは非常に愛情を感じる。特に接客もしないところもあるが、販売戦略の違いであろう。


カラメルカラム・THE漫才コンビ


あとは買い忘れているゲームを思い出してブースを回る。計画性ゼロではないか(笑)

カラメルカラムさんでは「THE漫才コンビ」を予約していたので引き取りにいく。腐っても関西人の端くれなので、漫才ゲームは買っておかねばという訳の分からない使命感から予約しておいた。

終始とても丁寧な対応をいただき今回お世話になったブースでは丁寧度が一番高かったと思う。


MRエンターテイメント・サイノメコロシアムR


あとはMRエンターテイメントさんの「サイノメコロシアムR」を買いにいく。うちわを無料で配っていたが、配りきらなアカン!ということで3つもいただいた。こんなにもらったらゲーム買わんわけにはいかんやんか(笑)

サイノメコロシアムRは新作ではないしイエサブでも売ってたりするので優先順位は低めだったが(失礼)、イベント価格で買えること、そろそろ在庫がなくなるのでは?という勘繰りと、何よりとても人当たりのいい方々だったので買わせていただいた。この時点で嫁のボードゲームヘイト値(予想値)はほぼ限界だ(笑)

他にもワンドローさんの「マルポ航路」を買わせていただく。他にお客さんがいなかったからかスタッフさん同士で楽しくされていたようで、邪魔して申し訳なかったような感じだった(申し訳ない)


こっち屋・きつねスイッチ


だいたいめぼしいゲームを買い終わり(資金的な折り合いも兼ねて)ブラブラしているとツイッターでお世話になっていると某氏と遭遇。世間話も兼ねて戦況など聞いてみる。

混雑状況などの見解で不一致(管理人は初参加なので)があってなかなか面白いと思ったが、狙っておられたゲームは買えたようで何より。別れを告げたところで目の前にあったこっち屋さんを見て「きつねスイッチ」を締めにいただく(ラーメン的な扱いでゴメンなさい笑)

ことりファイトが面白かったので期待大である。買って大満足と思い振り返ると、さきほどお話していた某氏も買おうとしていて鉢合わせ。

せっかくの別れが台無しやんけ!!(笑)


ちなみにこっち屋さんの隣のブースでインストだけしていただいたが、その横で何の迷いもなくゲーム買うのてなんか不義理を感じるよな。すんませんでした^^;

東京ボードゲームコレクション

※新作ゲームの展示コーナーもあったが、みな直接ブースに行ってしまう。そりゃそうやわな。

東京ボードゲームコレクション

※チラシも大量に配布。中にはゲームの説明書をそのまま配布する強者ブースも。


嫁のボードゲームヘイト値が限界に来たと思われるので退散。他にも欲しいゲームはあったが、やはり嫁の手前あまり高いゲームは買いにくかったのが正直なところ。

「大怪獣コトバモドス」とか「MIMOS」とか「ジャンドイッチ」とか何より今回の最大の目玉ゲームであろう大阪の偉大なるゲーム作家・かぶけんさんの超大作「コプラス」は抑えておきたかった。

コプラス買わずしてどの面下げて大阪に戻ればいいのか。

帰るまでに考えておこう(笑)


この後会場を後にして嫁の機嫌取りにあちこち向かう。戦利品が重くて苦労したが、それもいつかいい思い出であろう。

他にも思うことはまだあるがとりあえず次の機会に。買ったゲームのレビューもまた報告する。

東京ボードゲームコレクションの戦利品



にほんブログ村ランキング参加中。よかったら押してあげてください(涙)

にほんブログ村 ゲームブログへにほんブログ村



にほんブログ村 ゲームブログ アナログカードゲームへにほんブログ村


にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ

にほんブログ村


AEGオリジナルゲームはこちら(無料)


この記事へのコメント

人気記事