【北海道県民が大激怒!?】江戸時代に札幌があるぜ! ホッカイド―

ムネオハウス公認!?いや、嘘です


ホッカイド―


AEG創設期に買ったまま積みゲーにしていた不謹慎感がプンプンする謎のゲーム「ホッカイド―」

ろくにルールも読まず置いてたが確認してみると思ったのと全然違う。日本とロシアで支配権を争うムネオハウス的な(意味不明)ゲームかと思いきや至極まっとうなゲームであった。まっとうは言い過ぎだが悪い意味で期待を裏切られた。

時代は徳川幕府が支配する江戸時代。幕府に支配権を認められた大名の家督争いを描いたゲーム。どうやら北海道は東アジアの貿易の中心地らしく、広大な北海道を舞台にした冒険と開拓の旅が始まるそうな。いやいや、中心地言うてんのに未開の地扱いやんか(笑)

ホッカイドー


ボードをみると日本、朝鮮、中国とある。残念ながらロシアはないな。これではムネオハウスの出る幕はない。というか各国扱いが雑すぎる。なんか鳥居とかあるし札幌とか都市名が完全に現代だ。カードもよく見ると印刷の画像がすげぇ粗い。

ホッカイド―


これ絶対JPEGやん!!JAPANのゲームやからあえてJPEGなんか???(意味不明)


ツッコミどころ満載というかツッコミどころしかないがまあいいだろう。出オチ感ハンパないが管理人、こういうゲーム大好きである。こんな訳の分からんゲーム。一体どこが出しとんねんと説明書を見たらブルーパンサーゲームズと全く聞いたことがない会社。調べてみると「ザ・コロニー」というゲームを出しているぞ。

あれっ?エイジ・オブ・クラフトのリメイクやん!と思ったらあちらは「コロニー」。別ゲーでした(笑)


北海道の支配?いや、貿易路の開拓です


ゲームの目的は交易路を開拓していくこと。交易路には公共の交易路と秘密裏に作っていく個人の交易路がある。これらを開拓していくことによりポイントを集めていくのだ。最終的に最も多いプレイヤーが勝利。

プレイヤーは手番に3つのアクションを任意で行う。主なアクションは移動、勢力増強、交易路の確立、手札調整の4つ。コマを動かしたり増やしたりして交易路カード通りにコマを配置出来たら交易路を確立できる。基本的なルールはこれだけ。

同じマスに上限以上のコマが配置されるとコンフリクトが起きて少ないプレイヤーのコマが取り除かれ手元に戻る。シンプルな陣取りゲームというかよく言えばチケット・トゥ・ライド的な感じとも言える。


劣化版チケット・トゥ・ライド


遊んだことがないのでルールを読んだ感想。

なんというかシンプルな分特に悪いゲームとは思わないが、ハッキリいって北海道を題材にした間違った日本観以外は特別評価するポイントはない。劣化版チケット・トゥ・ライドというかせっかくだったら広大な北海道に鉄道を敷いていくゲームにしたらよかったのに。

いや、それチケット・トゥ・ライドやん!!


別に北海道に拘る必要はないしどうしても北海道にしたかったけどネタがなかったのか。それにしては北海道および日本の歴史めちゃくちゃやで。作者の日本愛があるのかないのか。多分ないと思う(笑)

どうせなら北海道の支配権を争うくらいの不謹慎にするか勘違い日本観を前面に押し出して欲しかった。これでは北海道民も怒るに怒れない・・・いや、怒ってもいいとは思うが遊びたいとは思わないよな。

なんというか正しい歴史を学んで認識することは大事だと思わせるゲームでした(無理矢理)


こんな人にオススメ
・北海道ゲームがしたい
・間違った日本観がたまらん
・簡単にチケット・トゥ・ライド的なゲームがしたい

あなたにはオススメできません
・北海道を侮辱するヤツは許さん
・間違った歴史が大嫌い
・どうせならチケット・トゥ・ライドしようぜ!



タイトル:Hokkaido(ホッカイド―)
メーカー:ブルーパンサーゲームズ
製造年:
2~4人用
そこそこレアだが見かけても買わないことをすすめる。同人ゲー?なんかなぁ、このクオリティ?

チケット・トゥ・ライド ヨーロッパ (日本語版) -
チケット・トゥ・ライド ヨーロッパ (日本語版) -


にほんブログ村ランキング参加中。よかったら押してあげてください(涙)

にほんブログ村 ゲームブログへにほんブログ村



にほんブログ村 ゲームブログ アナログカードゲームへにほんブログ村


にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ

にほんブログ村


AEGオリジナルゲームはこちら(無料)

この記事へのコメント

人気記事