【えげつない政略結婚】壮大な家系図を作ろう! キングズブラッド

キングズブラッド

キングズブラッド


ファンタジー世界の宮廷を舞台に結婚を繰り返して一大王朝を築いていくLOVE×LOVEバトルカードゲーム(らしい)

UNOの要領で同じ数字か色のキャラクターカードを出していき壮大な家系図を作る。俺屍が好きなら好きなゲームだろう(おそらく)

キングズブラッドのキャラクターカード


兄弟もどんどん増えていくが同じ色の異性カードが隣り合うと結婚して子供が生まれる。「こんなオッサン嫌や!!」と思うようなカードもあるがそこは我慢して結婚していただく。だって宮廷だもの。

LOVEとかじゃなくて絶対政略結婚やんけ!!

こうして悪巧み(?)を続けて手札を早くなくしたプレイヤーが勝利。人間として大事なものもなくしそうだけどな(笑)しかしそこは陰謀渦巻く宮廷の世界。一筋縄ではいくまい。政略結婚を阻止しようとあの手この手の魔の手が忍び寄る。つまりはイベントカードだ。

キングズブラッドのイベントカード


例えばアクティブカード(場にある結婚したりできるキャラ)を捨て札にする「暗殺」とかアクティブカードを強制移動させる「絶縁・復縁」など。しかも絶縁・復縁の場合、子供ができる可能性まで。なんかリアルやわ。そして、ほぼすべてのカードを捨て札にしてしまうとんでもないカード「即位」

まあ、クーデター的な何かで今までの王朝が倒され新たな王朝が始まったということか。ドラマティックなのはいいが今まで頑張って作った家系図はどうなるねんや!!(笑)


遊んでみた感想

以前遊んでみた感想としてはとにかく軽いというかプレイ感はUNOそのものだ。

ルールは簡単なのでインストもすぐ終わるし理解も早いので他のゲームの間や初心者などでも遊ぶことができる。カードのイラストもかわいく、しかも一枚一枚キャラが違うしイラストも違うので見ているだけで楽しい。さすがに絵柄は古いというか懐かし目だけどそれも悪くない。

政略結婚(もしかしたら真実の愛も?)を重ねて王朝を作り上げていくというドラマティックさをうまく体現できているのはすごい。

気になる点もいくつかある。まずルール的に横の広がりがすごいというか無制限に近い。手軽に遊べるけど場所を取るというなんだかジレンマ的な感じになっている。そこはさっさと結婚させればいいというか。「いつまでも家におられたら困るねん!!」という自宅警備員のオカンの魂の叫びとニーズが一致しているかもしれない。

あとゲームの性質上、猥談になりやすい。だって結婚して子供が生まれるのだからな。特に酸いも甘いもかみ分けた人にはたまらないだろう(おそらく)。これはいいか悪いかはその時の雰囲気だけど。というかこういう会話がないとただの変則UNOで終わるかもしれない。遊ぶ時は大人数で遊ぶことをお勧めする。

キングズブラッド



こんな人にオススメ
□宮廷のドロドロが大好き
□他の人の世話焼きが好き(おばはん的な)
□嘘でもいいから結婚したい(重症)

こんな人はやめときなはれ
□ただのUNOやんけ!
□俺屍をクリアできなかった
□人が結婚した話を聞くと殺意が湧く(重症)



タイトル:キングズブラッド
メーカー:富士見書房
製造年:2003
1~6人用
絶版につき入手困難


にほんブログ村ランキング参加中。よかったら押してあげてください(涙)

にほんブログ村 ゲームブログへにほんブログ村



にほんブログ村 ゲームブログ アナログカードゲームへにほんブログ村


にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ

にほんブログ村


AEGオリジナルゲームはこちら(無料)

この記事へのコメント

人気記事