【落ちこぼれのB級品】ドンキホーテオリジナルジェンガ・うっぴー

ドンキホーテオリジナルのアイデア商品・うっぴー

うっぴー


先日、ドン・キホーテにて面白いゲームを見つけた。

それは「うっぴー」というどこからどう見てもジェンガのパチモン。これはひどい(笑)

けなしておいてなんだが、うっぴーは決してパチモンではない。少し出来が悪いだけだ。余計にひどいか。どういうことかと言うと、本来はジェンガになるであろうB級品を入れることによってコストダウンをはかったドンキオリジナル商品(らしい)なのだ。

そのキャッチフレーズ。「B級品も入れたら面白く安くなっちゃった。」

それは自分で言うことじゃないやろ(笑)

驚くべきはその値段。なんと税抜きで780円と破格の安さ。けっしてプラスチック製とかではなく木製コンポという信じられない商品だ。ツイッターで呟いたらそれなりに反響があったが、これはなんだか怪しいぞ。

B級品だから面白い。そして安い。

うっぴー


欠点を自画自賛する図太さは称賛に値するが、ちゃんとB級品それぞれをキャラ化するという徹底ぶり。節目うっぴーとか強木目うっぴーとか見た目だけのものから、打撲うっぴーとか変形うっぴーとかちょい割うっぴーとかB級では済まされないものもちらほら。

明らかに故障者リスト入りやん。某関西球団が取りたがる故障して帰ってくるメジャーリーガーか!(意味不明)

こんなにB級品が入っているなら安いのは当たり前。しかしそれだけではない。うっぴーはアクションゲームなのだ。B級品を入れることにより予測不可能な動きをするピースが誕生してよりゲーム性が増しているのだ!

それを包み隠さずB級品と言い放ち、キャラ化して可愛くしてさらに面白くする。そして値段までお求め安くしてしまう。これぞアイデアの勝利ではないか。

本来なら産業廃棄物にでもなろう商品を集めて素晴らしい商品にする。まるでトライアウトの選手がホームラン王を取るようなものだろうか(やはり意味不明)


うっぴーで遊んでみた

うっぴー
だか切ない気持ちになってくる

すまない、うっぴー。


ただ欠点が一つ。箱が細長いので片づけるのがすごくめんどくさい。まあ、それはジェンガも同じであるけど。


おまけ
うっぴーリスト(商品箱の説明より)
・A級うっぴー・・・厳しい検査基準に合格している優秀なやつ。他のメーカーさんのものはこのうっぴーだけで作られているらしい。もちろんこの商品にも入っているよ!
・節目うっぴー・・・節目が表面に現れているやつ。見た目の問題だけ。
・強木目うっぴー・・・木目が強すぎるやつ。見た目の問題だけ。
・ちょい割れうっぴー・・・木目や節目の影響で割れ・ヒビがあるやつ。見た目の問題だけ。
・穴うっぴー・・・穴が表面にでてきたやつ。見た目の問題だけ。
・でこぼこうっぴー・・・木目によりゆるいでこぼこがあるやつ。脇や腹が途中ででこぼこしているのでとりづらい。
・肌荒れうっぴー・・・表面がざらざらしているやつ。摩擦抵抗が高いためとりづらい。
・打撲うっぴー・・・機械にぶつかって変形したやつ。片面に多く、思わぬ動きをすることがある。
・角丸うっぴー・・・側面や角が限定よりも丸くなっているやつ。バランスが悪くなる。
・変形うっぴー・・・全体に若干の湾曲がみられるやつ。バランスが悪くなる。


ちなみに「うっぴーは「落ちこぼれ」だけどいろんな仲間がいるから楽しいんだよ!」とのこと。みんな違ってみんないいてことか。なんとも心に刺さるメッセージやん。


ジェンガ -
ジェンガ -
にほんブログ村ランキング参加中。よかったら押してあげてください(涙)

にほんブログ村 ゲームブログへにほんブログ村



にほんブログ村 ゲームブログ アナログカードゲームへにほんブログ村


にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ

にほんブログ村


AEGオリジナルゲームはこちら(無料)

この記事へのコメント

人気記事