【知らないと大恥をかく】カタンが世界一面白いボードゲームな5つの理由

カタンが世界一面白いボードゲームな5つの理由

カタン AEG LOL
※第1回LOLでカフェボドにて

1995年ドイツ年間ゲーム大賞受賞作「カタン」

20か国以上で翻訳・販売され、世界中での総売り上げは2000万個以上というまさにキング・オブ・ドイツゲームにふさわしいゲーム。世界一面白いボードゲームの一つと言って過言ではないであろう。

ボードゲーマーでカタンを知らないやつはいないだろうし、いたとしたらモグリに違いない。

カタンを知らずにボードゲームカフェ・スペースやゲーム会に行ったら大恥をかくぞ!(嘘)


そんな恥をかかないようにカタンが世界一のボードゲームである理由をAEGなりに挙げてみようではないか。


ルールが簡単

資源を集めて島を開拓する。基本的なルールはこれだけで非常に簡単。

初心者はもちろん小学生以上なら子供でも問題なく楽しむことができる。開拓地を建て道を作り都市へと発展させる。少しずつ島が開拓されていく様子は視覚的にも楽しい。ボードゲームの面白さをぎゅっと凝縮したまさに傑作である。

交渉が熱い

ディクシットが出て以来であろうか。コミュニケーション系のボードゲームが大変人気である。そのはるか以前からコミュニケーションが熱いゲームが存在した。カタンである。

カタンは資源を集めないといけないのだが、これがなかなか集まらない。そんな時は他のプレイヤーに交渉を持ちかけることができる。「鉄あげるから羊くれない?」「それだったら2枚あげるから俺にくれ!」などなど。

交渉がなければカタンの面白さは半減どころか10分の1にも満たないだろう(マジで)


トップ落としが容易

経験が深いゲーマーがトップを独占してしまうのはよくある話。カタンの場合、トップに交渉を応じないとか盗賊で資源を出させないなど露骨なトップ落としが比較的容易。

そのため初心者でも一団結すればある程度食らいつくことができる。もちろん最終的に勝てるかどうかは別の話だけど。

初心者でもほどよく一緒に楽しめるのがカタンの魅力。


どこにでも売っている

ボードゲームショップはもちろんamazonや東急ハンズやドン・キホーテなど主要な通販サイトやディスカウントショップなどで普通に入手可能。

カードゲームを除いてそれなりに販売スペースを取るボードゲームが売り場に並ぶことはすごいことである。

日本一有名なボードゲーム「人生ゲーム」に次いで入手しやすいのではないかと思う。そのためか知名度も高くボードゲームはあまり知らないけどカタンは知っているという人もたまにいる。


世界選手権が開催されている

世界中で大人気のカタン。

その面白さゆえか世界選手権が開催されるほど。日本選手権も開催されていて優勝者は世界選手権に派遣される。今のところ日本人優勝者は出ていないが好成績を収めているので、優勝する日も近いであろう。

ちなみに管理人はカタン世界選手権の入賞者にゲームで勝ったことがある(カタンとは言っていない)

まあ、たまたまだけど一生使えるネタなので時々使うことにする(笑)


まとめ

いかがであろうか。

他にも面白いボードゲームは数多く存在するが、これらすべてに該当するのはカタンくらいであろう。

「ボードゲームを始めたけど何を買ったらいい?」と聞かれたら「カタン」と言えば間違いない。

ただみんな持っているしボードゲームスペースに行けばほぼ置いているのでわざわざ買わなくてもといえばそれまでだけど。ベーグルカフェに導入されるくらいだからな(奈良香芝のLoLさん)

それでも世界一のボードゲーム。バッティング覚悟でも買う価値はある(はず)


カタン スタンダード版 -
カタン スタンダード版 -


にほんブログ村ランキング参加中。よかったら押してあげてください(涙)

にほんブログ村 ゲームブログへにほんブログ村



にほんブログ村 ゲームブログ アナログカードゲームへにほんブログ村


にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ

にほんブログ村


AEGオリジナルゲームはこちら(無料)

この記事へのコメント

人気記事