【サイコパスには気を付けろ】第二回AEGゲーム大会in奈良

総統初降臨のAEGゲーム大会in奈良


日本全国に寒波が訪れる中、AEGゲーム大会inMincaが開催された。


あちら側の告知では「mincaでゲーム大会」となっていたが名称などどうでもいい。


それよりも「Minca」ではなくなぜ「minca」なのか・・・いやいや、名称などどうでもいいのだ。

20170212212639549.jpg


今回初参加の総統をミド(主催)が車で誘導。管理人はミドの車(ヤバイほう)に乗せてもらう。


途中「ああーっ!!」という顔をしていたが多分、ブレーキの衝撃でゲームが落っこちたのだろう。


なぜ分かるのかだって?こちらも同じ現象が起きていたからさ(笑)



現地に到着すると簡単は挨拶。初参加の総統と顔合わせするとボードゲームおじさんそっくりと失笑される始末。


もちろん本人は認めていないので非公式だからな!!



キャントストップ


まずシド・サクソンの名作「キャントストップ」をプレイ。


サイコロ4つを振って2個ずつの組み合わせの数字のレーンのマスを進める。いくら振ってもいいが、進めるレーンは1度に3つまで。それ以外の組み合わせしか出来なくなったらバースト。


シンプルだがめちゃくちゃ面白いゲーム。これは欲しいから個人的に買おうかな(笑)



なんだか気前よく振っていた管理人が勝利。上々の出だしではないか。


ちょうどゲームが終わった頃にランチが登場。あれ?管理人は注文したかな??(笑)


盗品疑惑?


食後に少し店内の昭和レトログッズ散策をしてからゲーム再開。ちなみに店内には昭和レトロなものがいっぱい売っていたり。


一体どこから持ってきたのだろうか?


前回お世話になったおもちゃのブースの人に聞いてみたら「俺は盗んでいない」とのこと。


じゃあ誰が盗んだんだ?(もちろん正規ルート)笑


サイコパス・ミド大活躍


ベガス


20170212212711358.jpg


ランチをいただいてから昼の部。


古民家に相応しくないアメリカン雰囲気漂う「ベガス」を遊ぶ。ラスベガスのカジノで大金持ちになるゲーム。金の亡者と言えば聞こえは悪いが、アメリカンドリームなゲームと思えば問題なし。


トランプ大統領的なゲームかもしれないな(笑)



ルールは簡単。ダイスを振って出た目を対応するカジノに置く。一番ダイスを置いていたプレイヤーがそのカジノの賞金をゲット。最終的に一番お金を持っていたプレイヤーが勝ち。


ここでお店の常連さんが参加。前も参加してくれた方である。これはもう感謝感激。


わいわいとゲームをしていると隣のお客さんが「何しるんやろ?」といった感じでこちらを気にしている様子。他に子供が興味を示して親御さんが迷惑していたというパターンもあったので、これは反省。


いや、ミドが分けの分からんタイミングで声を掛けるのが悪いのだな(笑)



このゲームの最大のミソがバッティング。同じ数のダイスを置くとバッティングで共倒れ。つまりどちらも賞金を獲得できなくなる。なぜかミドがやたらバッティング狙いを仕掛ける狂気のプレー。


こいつほんまサイコパスやな。


意外と古民家でも盛り上がるベガスだが、とりあえず皆の意見としては「カジノに行かなくてもベガスで十分楽しい」という反面「このお金がリアルマネーだったらなぁ」という二律背反っぷりを見せる。


ボードゲーマーって潜在的には金の亡者だよな(そんなことはない)


アベカエサル


20170212212721194.jpg


次は古代戦車ゲームのパイオニア「アベカエサル」


戦車ゲームなんてそうそうないだろうなんてツッコミはともかく。


大人数でやると大変盛り上がるのだが、とにかくボトルネックによる通行止めが多発。3ターン連続パスなんてざら。あとコイン献上の際の「アベカエサル!」という声がみな小さい。


これでは盛り上がらないので「アベカエサル‼」と管理人はムダに大きな声を出してみる。はい、迷惑でした。すいません(笑)


公共の場では周りに迷惑を掛けないようにする。ボードゲーマーだ。


コヨーテ


20170212212810795.jpg


次に「コヨーテ」


前回は管理人のインストが下手過ぎて遊べなかったゲームである。こんな簡単なゲームのルールを伝えられないとは。管理人のインスト力は相当ひどいわけだ。


こうなったらAEGオリジナルゲーム「ゲテモノプレゼンテーション」でもして鍛えようかなぁ(ステマ)



ようするにインディアンポーカーみたいなゲームで各プレイヤーがおでこに当てているカードの合計を予想。順番に高い数字を宣言していき、場の合計を越えていると思ったら「コヨーテ」と宣言。


みごと超えていたら直前のプレイヤーのライフが一つ減る。越えていなかったらコヨーテ宣言をしたプレイヤーのライフが一つ減る。こうして自分以外のプレイヤーのライフをすべて削ったら勝ち。


ミソなのがおでこにカードを当てているということ。つまり自分のカードは見えないわけで、他のプレイヤーの反応と宣言された数を基に推測。シンプルだが読み合いが熱いゲーム。


ここはサイコパスの片鱗を見せつけたミドが見事勝利。いや、意味わからんけど(笑)


ヘックメック


20170212212816432.jpg


次は「ヘックメック」


管理人はつい遊んだばっかなので総統が気を遣って「別のゲームにする?」と言ってくれたがもちろんやるに決まってる。だってそのほうがゲーム感が残っていて有利じゃない(ゲスの極み)


しかし今回ダイスゲー多いな。まあ、いいか。



あまりにもダイスゲーばかりやるせいかダイス目が湿り気味。なぜかバーストばかり起こる異常事態。


全然虫の目が出ないこの現象を「虫コナーズ」と勝手に名付けたが、KINCHOさんとは一切関係ないので悪しからず。


そしてゲーム感が残っている管理人は惨敗して総統の勝利。これがボードゲームってやつなんだなぁ・・・


おやつには冷コーを


20170212212826543.jpg


ここでおやつタイム。


管理人は冷コー(アイスコーヒー)を注文。外は雪が降る極寒の奈良の地であるがそんなことは関係ない。馬w利からは「え~??」という声が上がるが、じゃあそもそもメニューに入れるんじゃねぇよ(笑)



小学生参戦


ウミガメの島・ウボンゴデュエル


おやつを食べてから「ウミガメの島」をプレイ。


ここで小学生のお客さん3人と親御さん1人来たので一緒に遊ぶことに。知らないヤバそうなおじさんに緊張する小学生達だが、なぜかインストするミドはさらに緊張する始末。


こやつ・・・まさか・・・変態なのか!?


ここで人数が溢れてしまったので2卓に分かれることに。


ミドが持ってきた「ウボンゴデュエル(二人用)」が隣で遊ばれることに。なんで持ってきたんや!!と総スカンを喰らっていたが、結果的に役に立ったようだ。


でもどうせなら「ウボンゴ」で遊びたいよな(ダメ出し)


途中、ウボンゴデュエルで遊んでいた総統が都合により帰ったがあのおっさん。ランチの代金払ったのかな??(笑)



それはともかくウミガメの島を始める。ダイスを振るだけのルール&カメがカメに乗る視覚的な楽しさもあってかすぐに馴染み始める小学生達。そして大人たちのカメに乗り始める始末。


ここで異常事態発生。なぜか小学生に乗られたミドが異常なほど興奮し始めたのである。これは奈良県警を呼ぶべきと管理人は判断したが、とりあえず様子見。管理人も盛り上げるために一緒に喜んでみた(変態おじさん達)


子供たちのいいところはおt何比べて元気というか素直に喜んでくれるところ。盛り上がり方がハンパない。これが我々が失った若さというやつだろうか・・・


しかし、子供の盛り上がりに負けない狂気の雄たけび(意味不明)を連呼し盛り上げる管理人。昭和生まれは伊達ではないのだ。おそらくかなり不審なおっさんと思われたがそんなことは気にしない。それが管理人。



途中、異常事態が発生する。一人の子の母上がどうしても島を一周できずに得点できない。ゴール目前でバーストしたり他のカメに乗られたり。


あまりに得点できないので「お母さん、得点あげる!」と娘からの愛のプレゼント宣言。もちろんダメだが、なんてしっかりしているんだ。


そんなお安いお涙頂戴劇はいらないぜ!!(非情)



最後は小学生同士の熱い戦い(大人たちに乗りながら)


最後の最後に管理人に乗った子が見事逆転勝利。


「俺を踏み台にしたぁ」とはこのことである。


ディクシット


20170212212948186.jpg


最後に「ディクシット」で遊ぶ。


時間が無いので得点はあまり気にせずインストに近い感じで遊ぶ。これもかなり楽しんでもらえた様子。


管理人が「サイコパス」というお題を出すと???が広がったが「犯罪者予備群みたいなもんやろ~?」と小学生なかなかな答えを返してくる。


いや、その知識ちょっと偏っているぜ!!


情報社会の歪みが低年齢にまで及んでいることに危機感を覚える管理人だったが、そもそも訳の分からんことを言い出したのは自分だったと反省。小学生の前でサイコパスなど言ってはいけない。


遊んでいると後ろで何やらこちらを気にしている小学生が一人。お友達ではなさそうな雰囲気?


混ぜてほしいということで一緒に遊ぶ。これはなかなか勇気にいる行動だが、もう少し一緒に遊べるオーラを出さないといかんと反省。


誰かオーラを見てくれへんかな?(笑)


少し遊んでゲーム終了。子供たちともすっかり打ち解けた(?)感じで、どれくらいかというと管理人が途中でトイレに行くと「一回飛ばされてたで」と教えてくれるくらい。


大人たちは何も言わなかったけどな!!


あと「トイレ行った!!」とデカい声で言わんでよろし(笑)


閉幕


こうして少し予定時間より遅れたがAEGゲーム大会終了。MVPのお母さんには景品として「3Dもののけボードゲームおじさんマグネット」が贈呈された。


かなり意味不明そうだったがちゃんと受け取ってくれたのでよしとしよう。


次回開催の約束を取り付けて堺市に帰る。


今回の個人的な感想。


最近の小学生は賢いよな(笑)








にほんブログ村ランキング参加中。よかったら押してあげてください(涙)








にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ








この記事へのコメント

  • サインペン

    良いですねー
    小学生と楽しく遊ぶとは!ボードゲーマーの鑑。でも小学生相手にサイコパスて・・・
    2017年02月13日 23:11
  • AVE!EURO GAME

    配慮は必要ですが子供だからといって子供扱いしたりするのは個人的にはナンセンスかと思います。
    もちろん不愉快にさせたならそれは申し訳ないですが、その時の雰囲気等とかその人の正確にもよりますね(*_*;

    > サインペンさん
    >
    > 良いですねー
    > 小学生と楽しく遊ぶとは!ボードゲーマーの鑑。でも小学生相手にサイコパスて・・・
    2017年02月13日 23:22

人気記事