【おっさんに救済のヒカリを】悲しみのボードゲーム大会

奈良のカフェ「Minca465」でのAEGゲーム大会が決まった翌日。

早速、現地へ赴き下見をしてきた管理人。あくまで下見だけであるが。なんというかなかなか奈良らしいとこにあるなと思った(笑)

その帰りに北野田のほうを通ると激安ファミレス「ジョイフル」が新たに出来ているではないか。う~ん、待てよ???ここは昔「和食さと」があったとこじゃないか?なんかの拍子にミドと行ったような行ってないような。

そんな昔話はどうでもいい。とりあえず気になるので一度家に帰り嫁と晩御飯に行ってみた。

お値段の割にはなかなか美味しいではないかと思っていた矢先。総統から連絡が入る。

「ヒカリゲームズに行けると思ったら臨時休日やった(涙)」

涙を流していたどうかは不明だがそういう心境だったのであろう。これはつまり家んちゅ(家族)が出払っているということだ。こういう独り者を癒すのもボードゲームの役割なのだが堺市で唯一(?)まともなボードゲーム施設が休んだら誰がおっさんの魂を救済するというのか(笑)

おっさんには救済のヒカリは当たらなかったということだ。

仕方ないので総統宅にお邪魔することに。

20170108182030053.jpg


事前の連絡では「ラプトルをやろう」という話だったが、テーブルの上にいたのは恐竜ではなく絨毯屋のおっさん。おそらく世界で一番有名な絨毯屋「アッサム」その人である。いや、そもそも絨毯屋かどうか知らんけど。毎回このアッサムの名前が出てこないのだが、悲しいかな。これが加齢というものである(笑)

つまりこれは「マラケシュ」

ダイスを振ってアッサムを自由自在に操り絨毯を敷いていくゲーム。実際は自由には動いてくれないのがミソだが、うまく他のプレイヤーを自分の絨毯に引きずり込めば、踏んだ絨毯のマスの数だけ通行料(?)をいただける。

20170108182123132.jpg


最終的にはあたりは絨毯だらけ。こうなるとある程度、踏んでしまうリスクを踏まえつつうまく自分の絨毯のほうへ誘導していく。

「頼んだぞ、アッサム‼」

アッサムに全信頼を預け、ダイスに全身全霊を込めて・・・振る!はい、踏みました(笑)

こんな感じでゲームは進む。戦略性よりもダイスを振ってワイワイ遊ぶゲームかなと個人的には思う。

ちなみにかんぴょうみたいなのが管理人の絨毯。見事勝利したのだが、写真をよく見ると3人プレイなのに絨毯は4色。なぜでしょう???

答えは絨毯が一枚足りないから。これが輸入ゲームクオリティ。
このゲーム6000円以上もするのに最初からコンポが欠品していたのだ。なんだと‼まあ、管理人のゲームじゃないからいいや(笑)

ここはアッサムに免じて許して・・・あげない。

20170108182128979.jpg


次は「砂漠を越えて」

クニティアの名作陣取りゲーム。マラケシュも陣取りゲームだと思うが、なんだろうか。急に縄張り意識でも芽生えてきたのかもしれない(笑)

ラクダを砂漠に配置して隊列を組んでいく。オアシスに隣接したり隊列を長くしたりしてポイントをゲット。あちらでポイントを狙えばこちらのポイントが取れないまさにクニツィアジレンマ。

しかしこのラクダの物量はすごい。

一つどころか数個なくしても分からないレベル。少しくらい鳥取砂丘に埋めても許されるだろう(意味不明)

20170108182134251.jpg


ゲームが進むにつれ砂漠がラクダだらけに。こいつら絶対に砂漠を越える気ないよな(笑)

管理人が陣地切り取り作戦でポイントゲットを狙っていたが、いつの間にかオアシス隣接ポイントを稼いでいた総統が勝利。価値筋が色々あって難しく悩ましいが面白いゲーム。

ただこれだけは言いたい。

視認性悪すぎやろ!!


こうして無事ゲーム大会は終了した。総統の心は癒えたのだろうか。まあ管理人にとってはどっちでもいいのだが(笑)


AEGオリジナルゲーム「ゲテモノプレゼンテーション」はこちら(無料)
カードはこちらからダウンロードしてください

にほんブログ村ランキング参加中。よかったら押してあげてください(涙)

にほんブログ村 ゲームブログへにほんブログ村



にほんブログ村 ゲームブログ アナログカードゲームへにほんブログ村


にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ

にほんブログ村




この記事へのコメント

人気記事