【やるなら最後までやれ!】AEGゲーム大会・2017年初め

始まらないボードゲーム初め


2017年初のAEGゲーム大会が開催された。

管理人は所用があったので当初不参加の予定だったが仕方がないので参加。

20170106221131791.jpg


2017年度のボードゲーム初めは「チケットトゥライド」

日本語に訳すと「乗車券」。ああ、ださい(笑)
乗車券を買い漁るゲーム・・・ではなく大陸に鉄道網を築き上げる壮大なゲームである。まさに男のロマン。


ルールは簡単で、列車カードを取るかプレイするか。大体これ。

列車カードをプレイして列車コマを並べると路線ができる。自分だけの路線というわけだ。これは悪い気分はしない。そのうちボード場が列車だらけになって「運行に支障をきたすんじゃないか」と思うがそれはさておき。

それぞれ秘密裏の目的地があってそこを目指していくと高得点だが、途中「コイツあそこに行きたいんやな。邪魔したれ!!」と先回りされて二進も三進も行かなくなることもしばしば。


ここまで言ってなんだが正直言うと管理人個人的にはあまり好みではなかったりする(ぼそっ)

いやだって・・・電車とか興味ないし。ゲームとして面白いことは認める。

総統はなんだかお気に入りでやたら「初心者キラー」とうぞぶいているが、初心者が面白いと言ったのを聞いたことがないのは管理人の思い過ごしであろう。

乗り遅れた列車


さてさて。
なんだかいつものバンダイ版チケットトゥライドと雰囲気が違う。どうやらヨーロッパバージョンらしい。

そうそう。このゲーム何気に昔、バンダイが日本語版を出していたのだ。今とはなっては絶版で軽いプレミア扱い。バンダイは先見の明がありすぎたようだな。

前に閉店するスーパーのおもちゃ売り場で半額で売っていたものを管理人が確保したのだ。3つあったので買い占めてやろうかと思ったが、さすがにやらしいのでやめておいた。

ちなみに数年前に石切神社参道の商店街のおもちゃ屋で売っているのを見かけたがまだ売っているのだろうか。ずいぶん色あせていたが。

20170106221019996.jpg


また話を戻す。これが列車コマだ。一つくらいなくなっても気づかない物量である(笑)

総統がインストを始めたその時、管理人のスマホが唸り始める。どうやら嫁からの電話のようだ。これは嫌な予感だ・・・電話に出る。

嫌な予感は的中した。要約するとこうだ。家の鍵が無いというのだ。そんなこと知らんがな(笑)

仕方ないので泣く泣くその場を離脱する管理人。家に帰り嫁に鍵を預けてまたゲーム会に戻ってくる管理人。驚く一同。

「AEGよ、管理人は帰ってきた」とは言ってないが、無事帰還。一時間近く経っていたのでチケットトゥライドは終了。

ここで問題。この場合、管理人はボードゲーム初めをしたことになるのかならないのかそれが問題だ。まるでスベスベケブカガニはスベスベしているのか毛深いのかみたいな感じだが、この場合スベスベしているのだから大した問題じゃないよな。ああ、もうどうでもいいわ(笑)

やる前からやめようとするバカがいるかよ!


20170106221024604.jpg


管理人が戻ってくるとすでに「イエティ」が始まろうとしていた。

人数が増えたので「インカの黄金」でもやろうと話になったのだが、始めようとしたボードゲームは最後までやるべきだ。昔のエライ暴君の人は「賽は投げられた」と言ったし、エライあごのプロレスラーは「出る前に負けることを考えるバカがいるかよ!」とアナウンサーを張り飛ばしのだ。

理不尽な理由で素人さんに暴力を振るうほうが大バカ者であるが、つまりだ。とりあえずやれと言いたいのだ、管理人は。

なのでとりあえずやってもらう。管理人はというとのんびり眺めながらのコーヒータイムだ(笑)


「イエティ」はイエティが実在する証拠を集めてイエティに追いつくゲームである。捕獲したりはしない。その辺りは紳士と言うべきか。とりあえずサイコロを振って雪山を登ったりテントを設営したり。登ったり下りたり一体何がしたいんだ???

とりあえずゲーム開始。よくよく見るとミドがいつの間にか参加している。最近ゲーム会に参加しているのを見たことが無かったがある意味イエティより珍しいやつだな(笑)


序盤はアイテムの奪い。永続的に効果を発揮するアイテムが何より強いのだ。

他プレイヤーが持っているアイテムを奪うこともできるのだが、奪われたプレイヤーにもポイントが入るのであまりやり過ぎると相手に利することになり立派な被害者ビジネスが成り立ってしまう。

こういうこともあり中盤に差し掛かると遅れだすプレイヤーが出てくる。こうなってしまうとアイテムの差などもあってかなり逆転が難しくなる。一応、ブリザードが起きて振るダイスが一時的に減ったりイエティが遠くに行ってしまったりとするのだが、すべてのプレイヤーが影響を受けるのであまり逆転の要因にならないのが痛い。

コーヒーを飲みながら客観的に分析した結果である。こういうのを岡目八目という(おそらく)

ここに来て会場の制限時間が来てしまった。結局、管理人は一つもゲームをせずに解散するハメに(笑)

まあ管理するのが役割なのでゲームをするのは二の次みたいなもん(?)だから別にいいのだがな。

結論。イエティ買うならヘックメックを買え!!

チケット・トゥ・ライド ヨーロッパ (日本語版) -
チケット・トゥ・ライド ヨーロッパ (日本語版) -
イエティ 完全日本語版 -
イエティ 完全日本語版 -
スタンプバナー

にほんブログ村ランキング参加中。よかったら押してあげてください(涙)

にほんブログ村 ゲームブログへにほんブログ村



にほんブログ村 ゲームブログ アナログカードゲームへにほんブログ村


にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ

にほんブログ村


この記事へのコメント

人気記事