【限定版パンデミック】パンデミックイベリア

限定版パンデミック


強力ゲームといえば「パンデミック」

世界中に蔓延る病気を治療して病原菌を根絶やしにするゲーム。
難易度によっては完全無理ゲーと化すがそれでも「もう一回やろう」と気持ちになるマゾゲーでもある。

そんなパンデミックの限定生産バージョンが出るらしい。
「パンデミック:イベリア」しかも日本語版もあるという好待遇。

イベリアと言えばイベリコ豚。
イスラム教徒が豚肉を食べない理由の一つが「豚肉が様々な病原菌を持っている」からとも。

なるほど!!
イベリコ豚からパンデミックか!!
もうカツ丼は食えねぇな。

アディオス、カツ丼(涙)

冗談はどうでもいいが、ゲームの内容を見てみよう。

「時は1848年、イベリア半島に急速に広まっていた疫病―マラリア、チフス、コレラ、黄熱―を研究することのがゲームの目的」

なるほど。
フィクションではなく史実に基づいたゲーム構成なのか。

これは欲しいぞ。
なんといってもイベリア半島を救わねば未来はないのだから。
イベリコ豚も食べられまい(笑)

テーブルゲーム・イン・ザ・ワールドの情報によると
「史実に基づいた15種類のイベントが待ち受けているほか、通常のゲームの他に、「患者の流入」と「歴史上の疫病」の史実に基づいた2つのチャレンジもプレイできる。
また、患者の治療や研究成果の共有に加え、新しいアクションとして鉄道の敷設と水の浄化が加わる。鉄道を敷設すると移動が早くなり、水を浄化すると一帯で疫病の蔓延を防ぐことができる。移動方法も馬車・ボート・鉄道と増え、手番の選択肢は一層悩ましいものとなっている。」


今までもパンデミックのシステムを踏襲しつつも世界観や時代に合わせてさらに進化するというのか。
パンデミック恐るべし、病原体よりも怖いわ(笑)

しかし先ほど述べた通り限定生産。

予約分を越えた場合買えなくなる恐れがあるうえ、再生産の予定はない。(ボードゲームで再生産なし&少量生産は珍しくはないが)

これは買うしかないな。

誰か買え、AEG会員よ(笑)


パンデミックイベリアがきた

ところが待てど暮らせど誰も買う気配がない。

こうなることは薄々分かっていたが、管理人自ら買うことにした。


そして話題の限定生産ゲーム「パンデミック・イベリア」がやってきた。

パンデミック・イベリア

発売から2日くらい経ってやっと家に届いた。色々あって不在通知続き郵便局員に大変迷惑をかけるハメに。

すまぬ、郵便局(笑)

限定生産で品切れになっても一切再生産はしないという涎の出そうな一品である。

半年も置いておけば、ヤフオクで高騰間違いなしだがそんな野暮なことはするまい。

まあすでに駿河屋では予約価格より500円ほど値上がりしているがな。


もったいないけど早速開封。

パンデミック・イベリア

のまえに一応裏面も確認。

パンデミック・イベリア

開けてみた。

なんだかプリティなおっさんの顔が目に入るな。

どうやらアートワーク的なものらしい。

しかしなぜこんなにおっさんがプリティなのか?(笑)

パンデック・イベリア

コンポーネントを確認。

パンデミックとだいたい同じだがなんとなく時代を感じさせる雰囲気。

これはいい感じ。

パンデミック・イベリア

ボードを広げてみた。

これまたすんばらしいデザイン。

壁にでも飾っておきたいが、管理人の家は借家なので辞めておこう(笑)

パンデミック・イベリア

病原体のマークがリアル。

いやぁ、気持ち悪い(笑)

パンデミック・イベリア

通常のパンデミックとは役が違う(当たり前だけど)

「看護婦」というのが時代を感じさせる。

パッケージのもそうだが、国産なら若いおねえちゃんにするところをあえて(?)ベテラン風にしたのはさすがである。熟女好きにはたまらない(笑)


もちろんパンデミックも持っているが、これはこれで絶対に面白い。

でも遊ぶのがもったいない気がする。

意識の低い会員にオイリーにされても困るしな笑(失礼)


予備でもう一個買おうかな。

パンデミック:イベリア 日本語版 -
パンデミック:イベリア 日本語版 -


にほんブログ村ランキング参加中。よかったら押してあげてください(涙)

にほんブログ村 ゲームブログへにほんブログ村



にほんブログ村 ゲームブログ アナログカードゲームへにほんブログ村


にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ

にほんブログ村


AEGオリジナルゲームはこちら(無料)


この記事へのコメント

人気記事