【EJIN研究所版バイオハザード】ゾンビリーバボー

ゾンビリーバボー

ゾンビと警官の壮絶な戦いを描いたカードゲーム「ゾンビリーバボー!!」

どこかで聞いたことがあるような設定だが「ハコオンナ」で話題のEJIN研究所作。

ゾンビリーバボー

プレイヤー一人が警官となり、残りはゾンビ。

どちらか一方だけが生き残るサバイバルゲーである。

ゾンビになったプレイヤーは「あー」とか「ゾンビリーバボー」しか話してはいけない。

「ゾンビリーバボー」てセリフは不自然やろがっ!!(笑)

もちろん警官のプレイヤーは普通にしゃべっていいのでご安心を。


ここまではただのバイオハザードだがカードを見てみよう。

まず警官のカード。

ゾンビリーバボー

なんだかどこかで見たことある顔。

米国ではまず発売できないハリウッドを震撼させるイラストである(笑)

特に下の2枚。

これはシャレにならん組み合わせ(みなまで言うまい)

警官ごとに特殊能力があり、どれを選ぶかによってゲーム展開が異なる。

ゾンビリーバボー

そしてゾンビカード。

これまたどこかで見たことある顔触れ。

悪意というかチョイスがまたひどい(笑)

ゾンビリーバボー

ゾンビリーバボー

そしてイエローサブマリン限定カード。

まるでイエサブをイメージしてると思われるが、まるで水死体とは自虐ネタがすごい。

グッジョブ、イエサブ!!
こんなくっそおもろいバカゲーなのだが、実際遊んでみると圧倒的な警官側不利の無理ゲー。

管理人なら絶対に警官はやりたくない(笑)


残念ながら同人ゲー(このクオリティはすごい)ということもあり、流通数が少なくレアゲーでもある。

もしかしたらハリウッド側からなんらかのNGが入ったのかもな(笑)


にほんブログ村ランキング参加中。よかったら押してあげてください(涙)

にほんブログ村 ゲームブログへにほんブログ村



にほんブログ村 ゲームブログ アナログカードゲームへにほんブログ村


にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ

にほんブログ村

スタンプバナー

AEGオリジナルゲームはこちら(無料)

この記事へのコメント

人気記事