【衝撃】定番バランスゲーム「ジェンガ」が百均で売っているぞ。

百均製ジェンガとは?


滋賀県彦根駅前にあるショッピングセンター「アルプラザ」

地元の大手スーパー平和堂が経営。
というか滋賀のスーパーはほとんど平和堂だったりする。
たまにイオン系列のスーパーがあったり、平和堂VSイオンでどのあたりが平和なのだろうか?

駅前のショッピングセンターのくせに閉店が夜8時(笑)
彦根の夜は早いのである。

そんなことはどうでもいいので本題。

幻のご当地ゲーム「カロム」を求めて彦根の街をさまよう。
カタンではないぞ、あちらはドン・キホーテでも売っているぞ(笑)

こちらのにある超マイナー百均「MEETS」にてボードゲームを発見。

20160919202546043.jpg

なんだかぐらぐら系が多いな。

彦根人はバランス感覚を養いたいのかもしれない。
ダイソーでもボードゲームに力を入れ始めている(?)が、 また違うラインナップ戦略と言える。

真ん中のブロックタワーにいたっては完全にジェンガであるがそれはご愛嬌。

しかしどうせなら幻のご当地ゲーム「カロム」を100円で発売してほしいものだ(無茶ぶり)
実際、彦根の町を探してみてもなかなか見つからない。

「カロム」の文字すらあまり見かけない。
彦根では一家に一台カロムがあるという伝説(ほんまか?)あり、大阪で言うタコ焼き器みたいなもんだ。
ちなみに大阪で一家に一台タコ焼き器があるというのは迷信である(笑)

こうなったらタコ焼き器を100均で売るしかないな(無茶ぶり)


この記事へのコメント

人気記事