【野村トーイの遺作】チクタクバンバン

チクタクバンバン


チクタクバンバン

「魔法使いと黒猫のウィズ」
というスマホ向けクイズゲームがある。

AEG公認の数少ないデジゲーであるが、同ゲームにてボードゲームの問題が出題された。これはもう嬉しい限りである。回答にも力が入るというものだ。

そして出た答えが「カルカソンヌ」「人生ゲーム」そして「チクタクバンバン」

おいちょっと待て!「チクタクバンバン」ってなんなんだ!?(笑)

恥ずかしながら全く知らない名前である。
黄色い箱でおなじみのハバ社のキッズゲームであろうか。分からないことは調べるに限る。

調べてみるとなんとこのゲーム。
かつて存在した野村トーイという昭和丸出しの玩具メーカーが出していた昭和レトロなボードゲームらしい。

ちなみに野村トーイはアメリカの大手玩具メーカー「ハスブロ」に吸収され、そのハスブロは現在「ブシロード」と業務提携していたりする。ブシロードはボードゲームの敵(?)TCGなんかを作っているメーカーだったりするから因果なものである。

そしてブシロードをブスロードと打ち間違えそうになったりするのだがそんなことはどうでもいい(笑)

このチクタクなんとか。どういうゲームかというと
「タテ4マス、ヨコ4マスの枠に配置されている15枚の線路パネルを動かして前進する人形を常に移動させるようにするゲームである。
玩具の内容物は、パネル枠、線路パネル16枚、目覚まし時計型人形1個である。人形の下部には左右の車輪の中間部分に突起物が存在し、線路パネルの溝に突起物を入れて人形を走らせる仕組みとなっている。線路パネルの端には短い溝が掘られており、ここを通過すると人形のベルが鳴る仕組みがある。」


とウィキペディアが申しておる。面白いのかどうかは分からないが簡単で盛り上がりそうなゲームであろうか。

ちなみにいまでは無駄にプレミアが付いているが、派生ゲーム(?)の「ミッキーマウス チクタクタウン」などのゲームが販売されている。

興味のある方はどうぞ。


こんな人にオススメ
□野村トーイが大好き
□昭和レトロ大好き
□ハスブロも大好き

こんな人はやめときなはれ
□潰れたメーカーなど信用できん
□ハスブロなんか嫌だ
□それならTCGを買うぜ!!



タイトル:チクタクバンバン
メーカー:野村トーイ
製造年:1984年
1人~用
絶版につき入手困難(代替商品は販売中)

ミッキーマウス チクタクタウン -
ミッキーマウス チクタクタウン -


にほんブログ村ランキング参加中。よかったら押してあげてください(涙)

にほんブログ村 ゲームブログへにほんブログ村



にほんブログ村 ゲームブログ アナログカードゲームへにほんブログ村


にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ

にほんブログ村



AEGオリジナルゲームはこちら(無料)


この記事へのコメント

人気記事