【HABA社の本気】子供も大人も楽しい~カルバ(Karuba)~

カルバ

黄色い箱で有名なドイツのHABA社。

主に子供向けゲームを作っていてその面白さに定評がある。

そして今回!

ついにHABA社が本気を出したという!!

なんと!!!

大人も遊べるゲームを作ったのだ。

ちなみにAEGが本気を出してもゲームは作れないのでやはりメーカーの力は偉大である(笑)



ルールは簡単。
まず全員が同じ初期配置で探検家、神殿を配置。

カルバ ボードゲーム AEG
あらかじめタイルをボード周辺に番号順に並べておくとプレイしやすい。

ただ準備がくっそめんどくさい(笑)


めくり役がタイルをめくり書かれている番号をもとに、各自が持っているめくられたタイルと同じ物を配置して道を作る。(この辺りはカルカソンヌっぽい)
もしくはタイルを配置せず、探検家を進める。

それぞれの探検家と神殿は色で対応しているので、他のプレイヤーより早く神殿にたどり着けば高得点。
あとは落ちている金塊や水晶を拾って得点。

つまりタイルを置いて探検家を進めるだけのゲームである。

な~んだ、結局子供でも遊べるやん!!(笑)

と思っていたら、これが簡単なようでなかなか奥深い。

遊んでみると、やはり心情的にはキレイにタイルを並べたいと思うものである。

まあこれが間違いでキレイに道が繋がることにこだわりすぎると、なかなか対応するタイルが回ってこず探検隊もどんどん詰まってくるわ、先にゴールされるわ(笑)

まあ正直、戦略性うんぬんというよりは引運的な要素の方がおおいと管理には思う(笑)

でもやっぱりあれだ。

探検とか金塊ってのは魂を揺さぶるものがあるのだ。


こんな人におすすめ
□探検や冒険が大好き
□カルカソンヌにはまった
□子供も大人も楽しみたい

こんな人はやめときなはれ
□どうせHABAなら子供向けがいい
□こんなのHABAじゃない!
□カルカソンヌが好きすぎて辛い(意味不明)



にほんブログ村ランキング参加中。よかったら押してあげてください(涙)

にほんブログ村 ゲームブログへにほんブログ村



にほんブログ村 ゲームブログ アナログカードゲームへにほんブログ村


にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ

にほんブログ村

スタンプバナー

AEGオリジナルゲームはこちら(無料)


この記事へのコメント

人気記事